2010年04月02日

沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先決定に当たり地元の了解を前提とする方針を党首討論で表明したことに関し、「沖縄はじめ全国の国民の理解を求めるということで、まさに文字通り、理解を求める。これに尽きる話で、あとは全部、政府にお任せいただきたい」と述べた。首相公邸前で記者団が「何をもって沖縄県民の理解を得たと判断するか」と質問したのに答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
退路断った鳩山首相=普天間、5月決着に展望なく
鳩山首相、温暖化対策を柱に=政権公約会議が初会合
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ

31日に2度目の党首討論 (産経新聞)
アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件
【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
上司に怒られると思い…巡査が当て逃げ容疑(読売新聞)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
posted by ヨシザワ リュウイチ at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。