2010年03月31日

長官銃撃 「オウムのテロ」断定 警視庁 異例の捜査結果公表(産経新聞)

 平成7年3月の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が公訴時効を迎えた30日、警視庁の青木五郎公安部長が会見し、「事件は教祖の麻原彰晃死刑囚(55)=本名・松本智津夫=の意思の下、オウム真理教の信者が組織的・計画的に敢行したテロ」とする捜査結果の概要を公表した。時効が成立した事件で犯行グループを名指しして捜査結果を公表することは極めて異例。概要は31日から30日間、警視庁のホームページ(www.keishicho.metro.tokyo.jp)でも公表する。

 概要では、A〜Hまでの仮名で元信者8人の事件前後の動向を詳述。青木部長は公表理由について「事件の重大性やオウムが観察処分を受けていることなどにかんがみて公表することにした」と説明した。

 「人権侵害に当たらないか」との質問が出たが、「犯行主体を明らかにする上で必要な限度で事実を公表した。公益性と社会正義との均衡を考慮した」と述べた。さらに、「刑事責任を問うことと、捜査結果を分析した結果を国民に報告することは違う。法的に問題があるとは考えていない」と強調した。

 また、事件の教訓として「情報収集の対象がオウムのような新しい脅威に十分な注意を払っていなかった」とし、「国民の協力で対処能力を高めていきたい」と話した。

 一方、事件への関与を供述しているオウムとは無関係の受刑者(79)については、事件後に海外渡航歴があり時効が延長されるが「供述内容と犯行状況の不一致が多数ある」として捜査を打ち切った。警視庁は30日午後、捜査結果の書類を東京地検に送付した。

【関連:警察庁長官銃撃事件時効】
まずは捜査「完敗」の検証を
捜査結果 オウム信者の動向を詳細記述
無念の時効「総括必要」 国松元警察庁長官インタビュー
官房長官が時効後の「オウムのテロ」発表を疑問視
オウム名指しは「正義にかなう」 長官銃撃で警視庁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
亀井氏「愛している女性に鍵を渡してなんで悪い」(産経新聞)
大阪城ホールで阪大の卒業式 (産経新聞)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
posted by ヨシザワ リュウイチ at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)

 東京国立博物館で2月23日から3月22日まで開かれた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(毎日新聞社、NHKなど主催)には会期中、29万2526人が訪れた。国宝の「松林図屏風(びょうぶ)」や「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など、桃山絵画の巨匠の長谷川等伯(1539〜1610年)の代表作が一挙に展示され、会場には連日多くの人々が詰めかけた。同展は4月10日から5月9日まで京都国立博物館でも開催される。

【関連ニュース】
長谷川等伯展:鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」
長谷川等伯展:来場者が20万人を突破 東京国立博物館
皇后さま:「長谷川等伯展」鑑賞 東京国立博物館
長谷川等伯展:1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京
長谷川等伯展:入場者10万人を突破…東京国立博物館

「順序逆なら違う結果も」 夫公判の裁判員男性 2歳長男虐待死(産経新聞)
実力伯仲 若手作家35人 「VOCA展」 東京・上野の森美術館で開幕(産経新聞)
<子ども手当>給食費滞納者の窓口支給を検討 栃木・足利(毎日新聞)
<築地移転>都知事渋々「予算執行は議会尊重」 論議再燃も(毎日新聞)
<マガン>明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)
posted by ヨシザワ リュウイチ at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。